category

recent entries

back number

ブログ ARCHIVE

2020 コスタリカを味わい尽くす!

IMG_0894.JPG

【コスタリカ エル・サリトレ シェリバタ 1679】
中深煎り

オンラインショップで発売開始しました。

2020 コスタリカを味わい尽くす!
まずは中深煎りから。
えげつなく美味しいです。

コスタリカはコーヒー生豆生産国としての知名度がグアテマラほど高くはありませんが、
常に高い品質の生豆を作り続けている生産国です。
そんなコスタリカの中部に位置する、サンホセ州より今回も美味しいコーヒーが届きました。

◎艶やかでつるりとした質感で、中深煎りながらソフトな飲み心地
◎苦みと果実味の酸が完全にバランス良く同等に楽しめます
◎出来立てホカホカの焼き甘栗を食べているかのようなニュアンス
◎冷めるにつれてより甘さが感じられます

ぜひお楽しみくださいませ。


<生産者情報>
農地:エル・サリトレ Finca El Salire
区画:シェリ・バタ
※サリトレ農地には10区画ある。
上部は2000mに迫るがまだ十分に収穫できるほど生育していない。
所有:ジョニー・アルバラード・アバルカ
所在:サン・ホセ州ペレス・セレドン市リバス、ピエドラ
標高:1,750-1,950m
栽培品種:カトゥアイ、ブルボン、ティピカ
精製:ミューシレージを機械的に除去するウォッシュト
乾燥:ビニールテント下ベッドで12-15日乾燥。その後グレインプロに入れ倉庫にて水分値の安定化。
水分値は水分計にて9.5-10%をターゲットに管理。
※ドライミルもしっかりしているがそもそもの原料が非常にきれいなことが最終商品の精度に最も寄与している

最新情報は当店Instagramをチェックしてくださいね。

携帯からでも簡単にコーヒー豆をご購入いただけます。
また、ショッピングアプリBASEをダウンロードして、HIROFUMI FUJITA COFFEEをフォローしていただくと
新商品の入荷やクーポンなどお得な情報をいち早くお届けいたします!こちらも併せてぜひご活用ください。

21日(土)営業時間が異なります

おはようございます!

本日はコーヒー教室開催の為
12時からは豆売りのみ
喫茶は14時半からの営業となりますので
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

ペルー最高峰のコーヒー!

IMG_0187 (1).JPG


【ペルー ウィルダー・ガルシア】
中浅煎り

オンラインショップで発売開始しました。

今期はいくつかのロットをご紹介する予定です。
まずはブルボン種。
.
みかんを想わせる心地の良い明るくバランスの取れた酸と、ハチミツやメープルシロップのような優しい甘みが感じられ、
するりとした液体の質感ながらも、余韻は長く幸せな飲み心地が続きます。

.
ほんのりダージリンのようなニュアンスもあり、飲み続けていく中で様々な表情が出てくるので最後まで楽しく飲めて飽きません。
.
昨年からカフェインレスで好評を得ていた、ウィルダーさん。
やっぱりこのコーヒーも素晴らしく美味しい!! ぜひお試しください。

.
.
〈生産者情報〉

農園名:フェスパ農園
所在:カハマルカ県ハエン郡ウワバル地区ウアコ
生産者:ウィルダー・ガルシア
標高:1,700-2,000m
品種:ブルボン
精製:発酵槽を使用したウォッシュト


最新情報は当店Instagramをチェックしてくださいね。

携帯からでも簡単にコーヒー豆をご購入いただけます。
また、ショッピングアプリBASEをダウンロードして、HIROFUMI FUJITA COFFEEをフォローしていただくと
新商品の入荷やクーポンなどお得な情報をいち早くお届けいたします!こちらも併せてぜひご活用ください◎

14日(土)は営業時間が異なります

おはようございます。

本日は朝からコーヒー教室を開催しておりますので
12時からは豆売りのみ
喫茶は14時半頃からの営業となりますので
ご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願いします。

エチオピアでは初となる村単位でのロット指定商品!

IMG_0089.JPG

【エチオピア ウォルカ・ウリ ハロハディ ウォッシュトプロセス】
浅~中浅煎り

オンラインショップで発売開始しました。

通常エチオピアのステーションでは、各農家・農村から集められたコーヒーチェリーが混ぜられた状態で
商品に仕上げられますが、今回のウォルカ・ウリは「ハロハディ」という村で収穫されたチェリーのみ。
トレサビリティや品質の均一性の高さはもはや言うまでもありません。

とにかく味の完成度が高い。
まずその一言に尽きます。
エチオピアのコーヒーで表現されることの多い「フルーティ」という言葉の概念を超えたレベルにある!
と言っても過言ではないと思います。

とにかくこのハロハディから感じられる複雑な果実感がたまらなく良いのです!
レモンやライムなどの柑橘にはじまり、桃やマスカットなど様々な要素が絡み合っていて、まるで何か新しい果物を食べているかのよう。
飲むにつれ甘みがしっかり追従してきます。
また華やかでフローラルな香りもハロハディの特徴で、そこに加えて僅かに感じられるスパイシーなニュアンスが香味全体をしっかりまとめ上げています。

ハロハディ集落は標高2,250m。この高標高も見逃すことができません。
高い熟度としっかりとした寒暖差が生み出す高品質な酸と甘さをぜひご賞味下さい。
温かいうちから冷めていくにつれての香味の変化をお楽しみいただきたいというのは
どのコーヒーに対してもおすすめしているポイントですが、このハロハディに関しては特に
温度変化と共に様変わりする豊かな香味を味わい尽くしていただきたいです。


<生産者情報>
生産者:ハロハディ集落の農家
所在:南部諸民族州 ゲデオ・ゾーン ゲデブ・ウォレダ ウォルカ・ケベレ ハロハディ
標高:周辺農家 約2,250m
品種:在来品種
収穫:農家が手収穫し、収穫したチェリーはハンドソーティング
精製:発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト

最新情報は当店Instagramをチェックしてくださいね。

PREV 5 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11